初めてのウィッグ☆購入サイト6選

Home > ウィッグについて > ウィッグの歴史や使用方法に関することについて

ウィッグの歴史や使用方法に関することについて

 ウィッグは頭にかぶせるもので、かつらとも呼ばれています。
普段とは違ったヘアースタイルに見せたり元々生えている髪をさらに良く見せるために使われていて、人工的な素材や人の髪の毛で作られています。
ウィッグはエジプトなど海外で古代文明の時代に装飾品として服と同じように身に付けられていたり髪が薄い人がそれをカバーするために使っていました。
日本では足利時代にかつらと呼ばれるものが能楽で使用されはじめ、そのあとに歌舞伎などの演劇の役者が舞台で装着するようになりました。
それ以降は明治時代から一般の人でもかつらをファッションとして取り入れる人が増え、広い範囲で使用されるようになりその当時の人々は衣服と同じようにヘアースタイルを日によって変えて日常的おしゃれをしていたようです。

 現在ウィッグはあらゆることが原因で髪が抜けてしまう脱毛症を隠すために役立っており、装着することにより気持ちが明るくなれたり自信を持って日々を過ごせるようになったり、中には積極的になれて仕事や恋愛、人間関係などいろいろなことがスムーズになったという人もいるようです。
薄くなってしまった髪の毛を隠すために役立つウィッグですが、ファッションとしても使うことができます。
普段は染めずに控えめなヘアースタイルをしていて、髪を明るくしたいと思い立ったとしても一度染めてしまうと黒く戻すのは手間がかかる上に仕事や学校などの関係上難しいですが、ウィッグを使用することにより一時的に好きなカラーのヘアースタイルを楽しむことができます。
そのため、休日にウィッグを装着してショッピングなどを楽しむという人もいます。

 ウィッグは髪の色だけではなく髪の長さや髪型を変えることもできます。
普段はロングヘアーでショートにしてみたいと考えても、髪を切ってしまうと伸びるまでに時間がかかるため一時的に髪の長さを変えたいという場合にもウィッグが便利です。
その反対に普段髪が短い人がロングにしてみたいと思った場合にもウィッグを装着するだけで手軽にロングヘアーになれていつもと違った気分を味わうことができます。
髪型を変えるだけで気分転換になるほか、おしゃれの幅が広がります。
昔は不自然だったり光沢がありすぎるなど自然に見えないウィッグもありましたが、最近は進化しており一見ウィッグとはわからないような完璧に近い仕上がりのものがたくさん販売されているので自然におしゃれを楽しむことができます。
また、価格もリーズナブルなものが多いので思い立ったらすぐに購入しやすいメリットもあります。

次の記事へ

カテゴリー