初めてのウィッグ☆購入サイト6選

Home > ウィッグについて > ウィッグにはどんな種類があるのか

ウィッグにはどんな種類があるのか

 ウィッグの種類は、ファッション用と医療用という2つの用途によって分けることが出来ます。
まず「ファッション用ウィッグ」とは、イメージチェンジやヘアアレンジといったオシャレを目的として使用するウィッグのことを指します。
そしてファッション用は人工毛が使われている場合が多いというのが特徴であり、価格が安い(数千円程度からある)というメリットがあると言えるでしょう。
一方の「医療用ウィッグ」は、病気治療やケガなどによって脱毛してしまった場合に使用するウィッグのことを指します。
そして医療用は見た目でバレないことが重要なので、より自然に見える人毛が使われている場合が多いと言えるでしょう。
さらに医療用は、直接皮膚に触れる部分も多いため、通気性が良いなどの装着感の良さも大きな特徴となっています。

 ウィッグには形の違いによる種類として、フルウィッグと部分ウィッグ、そしてヘアアレンジ用ウィッグがあります。
まず「フルウィッグ」は、頭全体を覆うタイプのウィッグであり、普段とは全く違うヘアースタイルにすることが可能です。
なので思い切ったイメージチェンジをしたい場合や、結婚式などの特別な場所で豪華に見せたい場合などに向いていると言えるでしょう。
次に「部分ウィッグ」は、髪の一部分に装着するタイプであり、部分的なボリュームアップや、長さを加えたい場合などに活用出来ます。
部分ウィッグの種類としては、ハーフウィッグや前髪ウィッグなどがあると言えるでしょう。
さらに「ヘアアレンジ用ウィッグ」は、部分ウィッグよりも簡単に装着出来るタイプのウィッグであり、ポニーテールやお団子ヘアなどの髪型を簡単に作ることが可能です。

 ウィッグには素材による違いもあり、人毛と人工毛、そしてミックス毛の3種類に分けることが出来ます。
まず「人毛」は、本物の人間の髪の毛を使ったウィッグであり、価格は高くなる傾向にありますが、見た目がとても自然になるというメリットがあります。
次に「人工毛」は、ポリエステルやアクリルなどの合成繊維によって作られたウィッグであり、人毛と比べると不自然に見える場合がありますが、価格が安いことが魅力です。
そして人工毛は、形状記憶の性質があるため、ヘアースタイルをキープしやすいというメリットがあると言えるでしょう。
さらに「ミックス毛」は、人毛と人工毛を文字通りミックスしたウィッグであり、両方の特徴を併せ持っているものだと言えます。
ですので人工毛より見た目が自然で、人毛より手入れがしやすいといったメリットがあると言えるでしょう。

次の記事へ

カテゴリー